赤アザの治療

赤アザとはどんなアザ?

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は男女問わず多くみられる最もありふれたシミで、シミの治療を希望されクリニックを訪れる方の約6割はこのシミであると言われています。普通シミと聞いて思い浮かべるものは老人性色素斑だと言って良いでしょう。
老人性とありますが、「老人でないのに老人性色素斑ができてショック!」と思わないでください。このシミは決して老人のみにできるものではありません。20代後半くらいから見られ始め、40代では6割、50代で8割、80代以上ではほぼ全員に生じると言われています。つまり、ほとんどの老人に見られる、中年期以降結構な割合でできますよ、というのが老人性色素斑です。
特徴としては、輪郭がはっきりしていて、形は円形あるいは類円形(丸っこい形)でときに不整形、大きさは点状の小さいものから硬貨大の大きいものまで様々あり、色調も淡いものから濃いものまであるということが挙げられます。
老人性色素斑は紫外線を浴びる場所であればどこにでもできます。紫外線を浴びやすい場所は露出しやすいところ、つまり顔、手、前腕、デコルテですので、これらの部位に老人性色素斑ができることが多いです。
老人性色素斑の一例

赤アザの治療方法

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

老人性色素斑を治療するにあたり最も推奨される治療法はQスイッチレーザーです。Qスイッチレーザーによる老人性色素斑の治療は根治性が高く、また安全性も高い治療であるからです。
Qスイッチレーザーはレーザーのパルス幅(照射時間)がナノ秒単位と非常に短く、メラニンが含まれるメラノゾームを選択的に破壊することが可能です。レーザー光を皮膚に照射したことによるダメージはメラノゾームという細胞内小器官にとどまるため、皮膚の健常な細胞にダメージを与えません。
老人性色素斑にQスイッチレーザーを照射すると、ただちに病変部が白く変色します(IWP:immediate whitening phenomenon)。その後数分ほどで逆に黒っぽくなり痂皮化(かさぶた状になる)します。それから1週間~2週間ほどで自然に痂皮が脱落し、痂皮と一緒に色素斑もはがれ落ちます。痂皮がはがれた後は通常皮膚は淡紅色をしていますが、徐々に落ち着いてきます。ただし治療後1ヶ月くらいすると30~40%の人に炎症後色素沈着が生じ、再びシミが再燃してきたように見えます。この炎症後色素沈着は数ヶ月~6ヶ月くらいの経過で徐々に引いていきます。

Qスイッチレーザーについて 詳しくはこちら


レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルで使用されるパルス幅は通常ミリ秒もしくはマイクロ秒です。人間にとってはかなり短い時間ですが、Qスイッチレーザーのナノ秒に比較すると千倍~百万倍の長さになります。このパルス幅だと、高いピークパワーが得られないため、Qスイッチレーザーに比べると治療効果は劣ります。非常に濃い老人性色素斑であれば取れることもありますが、一般的には老人性色素斑を薄くすることはできても除去することはできません。一方、痂皮形成はQスイッチレーザーに比べるとできないかできても軽度なため、ダウンタイムのないマイルドな治療を希望される方にはおすすめすることがあります。

レーザーフェイシャルについて 詳しくはこちら


IPL(フォト治療)

IPL(フォト治療)

この治療は強いパルス光をお顔全体に照射していくものです。パルス幅はミリ秒単位であり、老人性色素斑に対する効果は基本的にレーザーフェイシャルと同じです。ただし、IPLのパルス光はレーザーのように単一波長の光線ではないため、どうしてもレーザーより低い照射エネルギーになってしまいます。そのため老人性色素斑に対しての有効性はレーザーフェイシャルよりも低くなります。反面、多様な波長の光を含んでいるため、メラニン以外のものにも反応し、シミの改善以外のリジュビネーション効果も期待できます。

IPL(フォト治療)について 詳しくはこちら


フラクセル3

フラクセル3

非常に小さな穴を皮膚にたくさん開けていくレーザーです。穴が開いたところの表皮が削り取られることになるため、老人性色素斑の改善効果が望めます。特にそばかす様の小さな老人性色素斑が無数にできているようなケースにはおすすめです。肌全体のリジュビネーション効果もあります。

フラクセル3について 詳しくはこちら


炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは色素(メラニン)に反応するレーザーではなく、組織に含まれる水分に反応し、組織を蒸散させるレーザーです。主としてほくろの治療に用いますが、老人性色素斑を治療することもできます。しかし、治療後の色素沈着が避けられず程度も強いことから、老人性色素斑の治療で第一に選ぶものではありませんが、厚みのある老人性色素斑などには使用することがあります。

炭酸ガスレーザーについて 詳しくはこちら


ケミカルピーリング

グリコール酸や乳酸などを用いて皮膚を化学的に溶解させることにより皮膚をある程度の深さで剥離させる方法です。理論的には老人性色素斑の治療も可能ですが、剥離させる深さのコントロールが難しく、行われているほとんどのケミカルピーリングは老人性色素斑の治療に有効な深さまで剥離させることはありません。剥離が深すぎると瘢痕を残してしまうため、老人性色素斑の治療としては一般的ではありません。


ハイドロキノン(外用美白剤)

ハイドロキノン(外用美白剤)

ハイドロキノンにはメラニンの合成を抑制する作用がありますが、メラニンを除去する作用はありません。そのため、ハイドロキノンだけを塗布しても、なかなか老人性色素斑は改善しません。それどころか、ハイドロキノンがシミの周囲の皮膚に効き、周囲の皮膚の方がより白くなってしまい、かえってコントラストがはっきりしてシミが濃くなったように見えることもあります。ハイドロキノンを使用して老人性色素斑の治療を行う場合は、トレチノインのようなメラニンを除去する作用のある薬と併用する必要があります。


トレチノイン

トレチノイン

皮膚のターンオーバーを促進し表皮を剥離する作用があるので老人性色素斑の治療にも有効です。ハイドロキノンと併用することが多いです。老人性色素斑を消すためにはしっかりとトレチノインを効かせないといけないのですが、トレチノインは治療強度のコントロールがやや難しいという問題があります。そのため、単に老人性色素斑の治療を行う場合に使用するのではなく、Qスイッチレーザーを使えないような肝斑に老人性色素斑を合併している肌の状態が悪いケースなどに適用しています。また、トレチノインは単にシミの改善にとどまらず肌全体のリジュビネーション効果もあるため、肌そのものを若返らせたい方にもおすすめです。

他の種類のアザについてはこちら
茶アザ 青アザ 黒アザ ほくろ