ボトックス 効果が現れるまでの期間と持続期間

ボトックス注射はとても人気のある治療なので、毎日何人もの方が打ちにいらっしゃいますが、効果が出るまでの期間やもちというのはそれこそ千差万別なんですね。

効果が現れるまでの期間は?

まず、効果が出現するまでの期間ですが、カウンセリング時には「2日後から効きはじめて1週間後くらいにしっかりと効果が安定してくる」と説明しています。でも人によっては翌日、あるいはその日の晩にはもう効果が感じられたという人もいますし、2週間くらいたってやっと効果が出てきたという人もいます。一般的には、初回治療の方は効果がすぐに出やすいと思います。治療回数が増えてくると効果が出てきたと感じるのが遅くなる傾向にあるようです。

効果の持続期間は?

次に効果の持続期間ですが、カウンセリング時には「4ヶ月~6ヶ月くらいが平均的です。」と説明しています。効果のもちも個人差があり、短いと3ヶ月あるいはそれ以下、長いと1年くらい持続することもあります。やはり初回治療の方は効果の持続期間が長い傾向にあります。初回ほど長く効く傾向にあるのは、ボトックスに対する中和抗体ができ、耐性がわずかにできるためかもしれません。ただ人によっては治療回数を重ねた方がより長く効く人もいます。これは長く筋肉を使わない状態が続いたことで筋肉の委縮や一種の脱神経現象が起きているのだと思います。

また、ボトックスの量や筋肉の強さ、しわの深さ、注射する部位などの影響も受けます。ボトックスを打つ量は多いほど長く効く傾向にありますが、多く打てば良いというものではありませんので、長く効かせようというセコイ考えはこの際捨てましょう。自然に見える適量を注射することが大切です。しわが深い場合は、その部位の表情筋がかなり強いということなので、効果の持続も短くなる傾向にあります。この場合もやはり大量に注射するのではなく適量をマメに打つことが大切です。

当院にお越しいただいている患者様のデータですと(正確な統計データではありあませんが)、ざっくりですが年2回注射に来られる方が約80%、年3回が約15%、年4回が数%という状況です。これからボトックス治療を考えている方は参考になさってください。