ボトックスとヒアルロン酸の違い

ヒアルロン酸注射とボトックス注射は両方ともしわ治療のヘビーローテーションです。しわ治療を日常的に行っている者としては、この二つの治療は明確にコンセプトが違うのですが、しわ治療を受ける側の方からは今一つ明確にわからないところがあるようで、「どういうふうに違うんでしょうか?」とよく質問を受けます。ですので、一度両者の違いを整理してみましょう。

ヒアルロン酸はしわや溝を下から盛り上げるものです。凹んでいるところを盛り上げてしわを浅くするわけですね。こういう働きをするものはフィラー(満たすもの)と呼ばれますが、もちろんヒアルロン酸もフィラーの一つです。凹みを盛り上げるので、皮膚に対してしわを垂直方向に改善するイメージです。
ヒアルロン酸によるしわの治療イメージ

これに対してボトックスは筋肉の緊張を弱めてしわを緩める作用があります。皮膚に対してしわを水平方向に改善するイメージです。
ボトックスによるしわの治療イメージ
両者の違いがイメージできましたか?

「それでは私のしわにはどちらの治療があっていますか?」こういう質問も良く受けます。ヒアルロン酸注射とボトックス注射とでは期待する作用が異なるため、基本的には両者を併用する治療を行うとより良い効果が得られます。つまり上の質問に対する回答は「両方を組み合わせると一番良いですね。」

特に、筋肉が収縮したときだけでなく常にしわがある状態の場合、そのしわはボトックス注射だけでは改善度が低くなってしまいます。さらにヒアルロン酸でしわを埋めてなるべく平らな状態に近づけ、その状態をできるだけ長く維持する。そうすると、肌は常に再生を繰り返していますので、しわが伸びたその状態で皮膚が再構築されていきます。半年に1回程度、定期的にしわ治療を行っていけば、しわが伸びた状態でさらに再構築が進み、段々としわの改善度も増していきます。頑固な深いしわであっても、表情じわであればこの考え方でかなり改善させることができますので、決してあきらめないでください。