効果の高いリフトアップ施術 ~フェイスリフト手術との比較から~

「切らずにリフトアップしたい」 このニーズはとても大きいので、その希望を満たす医療機器は現在数多くあります。

ただ、それらの器械の紹介文をいくら眺めていても、実際にどれを選んだらいいかわからないという方が多いです。

というか、ほとんど皆さん迷われてクリニックにいらっしゃいます。

これをしたい、あれをしたいと指定される方はほとんど美容医療機器上級者です。

 

現在でもリフトアップ機器の選択は素人の方にはわかりにくいと思いますが、今後もさらに多くのリフトアップ機器が世に出てくるでしょう。

そのとき、情報の波に惑わされないようにするには、基本的な原理原則について知っておく必要があります。

 

そこでまず、お顔のたるみを解消する手術「フェイスリフト」はどのような方法なのかを理解しましょう。

 

フェイスリフトは中国語で拉皮というそうです。

拉皮の「拉」の字は引っ張るという意味なので、拉皮はまさにお顔の皮を引っ張る手術という意味ですね。

でも、現在のフェイスリフト術では単純に顔面の皮膚だけ引っ張るということは通常しません。

それは、「顔がたるんでいる」=「顔の皮膚だけたるんでいる」のではないことがわかったからです。

たるんでいるのは顔の皮膚だけでなく、皮下組織や筋肉、さらに奥深くの組織全てがたるんできます。

そうであれば、皮膚だけでなく、できるだけいろいろなものを引っ張った方がリフトアップ効果が高くなるのは自明です。

しかし、実際は神経などの問題もあり、現在の主流のフェイスリフト手術では、皮膚と筋膜を引っ張り上げて行います。

引っ張り上げて余った皮膚や筋膜は切除します。

また、脂肪がたっぷりついていると引き上げにくいので、吸引可能なところは除去してなるべく引っ張り上げやすい状態にします。

 

フェイスリフトを行うと、お顔の頬~首にかけてのたるみを劇的に解消することができます。

これと同様の効果を器械で得ようと思えば、リフトアップ機器に求められる性能というのはおのずと導き出されます。

つまり、皮膚や筋膜というように各層を引き締めることができれば、リフトアップ効果が高くなるということです。

1層だけでなく2層、あるいは複数の層を引き締める、多層で引き締めるのです。

 

当院で扱っているリフトアップ機器のうち、この目的に一番近いリフトアップ機器というのは「サーミタイト」です。

ただし、サーミタイトの効果は非常に高いものの、施術後の腫れがあります。

 

ダウンタイムがない施術の中でこの目的に一番近いものとなると、「ウルセラ」になります。

ウルセラはトランスデューサーを変更することで3段階の深さに熱を届けることができます。

その深さはそれぞれ、皮膚、脂肪、筋膜に対応します。

 

現在、切りたくはないがリフトアップ効果を最大限に追い求めたいという場合、深い層へ熱を入れることができる機器と浅い層へ熱を入れることができる機器を組み合わせて多層引き締めを実現します。

深い層を引き締める器械か浅い層を引き締める器械かをまとめると以下のようになります。

(ダウンタイムのある施術は今回は省いています。)

深い層へ熱を届ける機器

となります。

 

最近では、深い層と浅い層を同時に引き締めることで、高い効果を出す方法がよく行われます。

ウルセラ+サーマクールCPTなどが代表例です。

「手術は嫌だけど、効果はきっちり出したい」 という方は、こういう考え方をベースにリフトアップ機器を選ばれるとよいでしょう。