HIFU(ハイフ)

最近HIFUを使った美容医療機器が増えてきました。

ヒフではなくハイフと読みます。

HIFUはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、日本語では高密度焦点式超音波です。

多くの方にとってHIFUはあまり聞きなれない言葉だと思いますが、美容医療の領域ではかなりメジャーな存在です。

美容医療では、主にリフトアップ治療で使用されますが、部分やせの目的でも使われます。

元々は前立腺ガンなどの治療にも使用されていたものです。

 

今回はリフトアップ治療としてのHIFUについて解説します。

 

ウルセラの外観

 

当院で採用しているHIFU機器はウルセラで、やはりお顔~首のリフトアップ目的で使用します。

 

HIFUは体外からエネルギーを照射してリフトアップ効果を得る器械としては、これからしばらくは中心的存在を維持すると思われます。

それは、同様の体外照射系のリフトアップ器械としては他と比較して圧倒的に優れた効果をもたらすことができるからです。

HIFU以外でリフトアップ目的で使用されるエネルギーにはレーザーや赤外線、高周波、通常の超音波などがあります。

これらのHIFU以外の体外照射系リフトアップ機器で使われるエネルギーとHIFUにはどのような違いがあるのでしょうか?

そこがHIFUが他にはなはい優れたリフトアップ効果をもたらす重要ポイントです。

 

その重要ポイントとは、HIFUは不連続にジャンプして熱を入れることができる。

HIFU以外のエネルギーは、皮膚の表面から熱が伝播して伝わっていくイメージです。

つまり、水辺に石を投げ込んだように、熱の伝わりは連続的であってブチブチと途切れることはありません。

しかも、表面に近いところほど高い熱が入り、表面から離れた場所ほど入る熱量は小さくなります。

 

顔面の表層の構造物として、皮膚(表皮、真皮)、脂肪、筋膜、筋肉がありますが、これらのうち最も熱に弱い組織が皮膚、特に表皮です。

ということは、一番熱に弱い皮膚を守りながら施術を行うことになりますが、ここが一番熱が入りやすくもあるわけです。

一番熱せられやすいのに一番熱に弱いのですから、ここを守るように施術を行うと、結果的には他の組織には熱をほとんど入れられないことになります。

 

HIFUはこの点で他のエネルギーと全く異なる振る舞いをします。

 

ウルセラの治療原理のイメージ

 

HIFUではレンズで光を集めるように、超音波レンズというものを使用して超音波を1点に集中させるように照射します。

その結果、超音波が通過した部分には何らの影響も与えないにもかかわらず、超音波が集中した点(焦点)だけが加熱されます。

具体的には1mm四方の点状に約70℃まで加熱され、熱凝固点を形成します。

この熱凝固点は連続ではなく不連続に形成されます。

つまり熱を伝播させるのではなくて、HIFUはピンポイントで加熱させることができるのです。

そうなると皮膚の耐熱温度にしばられることがなくなり、より深い層をしっかりと加熱することができます。

 

以上の理由により、HIFUは他のリフトアップ治療器よりも高い効果が期待できるわけです。

最近は美容医療を提供するクリニックも増えていますが、自分のところが所有している器械をほめたたえて一押しする傾向が顕著です。

多くの器械や情報にまどわされないようにするには、治療を受ける方自身がその機器の知識を持っていた方が有利です。

実際にIPLにおまけの高周波(RF)がついただけの器械が「リフトアップに最適です」などと宣伝されることもあるのですから、器械は賢く選択してくださいね。