VビームⅡ|名古屋【エースクリニック】

0120-764-912 受付時間:10:00~19:00 (日曜・祝日除く) オンライン予約 オンライン予約

VビームⅡ(赤ら顔・赤あざ治療レーザー)

ご予約・お問い合わせ 0120-764-912

オンライン予約

お問い合わせ

VビームⅡとは?
赤ら顔、赤あざ、ニキビ跡の赤みなどに効果があります。

VビームⅡ Vビームは米国キャンデラ社が製造するロングパルスダイレーザーで、安全に血管性の皮膚病変を治療するための優れたツールです。Vビームは皮膚や周囲の組織ににダメージを与えることなく血管性皮膚病変部位の毛細血管を破壊します。おおまかな理解では、皮膚の赤みに反応して赤みを減らしてくれるレーザーとお考えいただくと良いでしょう。
Vビームの波長は、赤血球内の酸化ヘモグロビンに吸収され、熱エネルギーに変換されて周囲組織(毛細血管)に熱変性を起こします。レーザー光の照射時間は血管以外へ熱が広がらない程度の短い時間に制御されているため、血管周囲組織へのダメージはほとんど生じません。結果として、周囲組織を傷つけることなしに毛細血管を破壊あるいは熱凝固させるため、赤ら顔や赤あざなどの皮膚血管性病変の治療に大変有効です。
また、皮膚の毛細血管周囲に熱が加えられることで真皮コラーゲンの産生を促すため、小じわの改善などにも有効です(特に目尻のしわなど)。また、メラニンにもある程度反応するため繰り返し行うとシミ、くすみの改善にも効果があります。

VビームⅡの仕組み

VビームVビームの波長595nmのレーザー光は酸化ヘモグロビンに吸収されやすい性質を持っています。この波長のレーザー光を皮膚に照射すると、真皮層にある毛細血管内の赤血球に含まれる酸化ヘモグロビンに反応し、熱エネルギーに変換されます。産生された熱は血管の内皮細胞を凝固させる、あるいは熱が大きい場合は血管を破壊します。
血管が破壊されるような強いパワーで照射した場合は紫斑と呼ばれる内出血斑が形成されます(赤あざ治療の場合に強いパワーで照射します)。
Vビームは、毛細血管を熱凝固させるあるいは破壊することで、皮膚の赤みを伴う症状を改善させていきます。

VビームⅡの特徴

特徴1

施術後の赤みや腫れが少ない

肌の状態に応じてパルス幅を細かく変更できるため、従来のダイ(色素)レーザーに比べ、治療後のダウンタイムがあまりありません。(赤あざ治療の場合は強力な照射が必要なためダウンタイムがあります。)
特徴2

強力なパワーで照射可能。

VビームにはDCDという皮膚冷却システムが搭載されています。治療効果を上げるにはレーザーのパワーが大切ですが、DCDにより皮膚を保護しつつ強力なパワーでの照射が可能となっています。
特徴3

光治療などに比べレーザーの治療効果は大。

フォトフェイシャルなどのIPL(光治療)も一般的には赤ら顔にも効果があると言われていますが、ブロードバンド治療であるIPLの効果は限定的です。Vビームはレーザーであるため、単一波長でターゲットが絞られている分強力に照射可能で治療効果は大です。
特徴4

リジュビネーション効果も得られる。

赤みに対してだけでなく、血管周囲組織への適度な熱刺激が加わることでコラーゲンの増生が期待できます。またVビームの波長はメラニンにもある程度反応するため美白効果もあります。肌のハリやふっくら感が出てくすみが改善し若返り効果も得られます。

VビームⅡの治療対象

Vビームは次のような疾患の治療に有効です。赤みを伴う皮膚の疾患に広範に適応があります。

健康保険適応あり

●毛細血管拡張症(赤ら顔、酒さなど)
何らかの理由により真皮の浅い層の毛細血管が拡張してしまい、それが透けてみえることによって顔が赤くなっている状態です。特に頬や鼻などに出やすいです。体質的なものが多いようですが、肝機能異常によるものやホルモン異常、塗り薬による副作用によるものなどの場合もあります。 全体的に肌が赤みを帯びた状態になっているタイプや細い血管が浮き出ているタイプがあります。 赤ら顔の方は、お酒を飲んでいるように見えたり、あがり症に見えたりするため、苦痛に感じている方が多いです。
●赤あざ(単純性血管腫、苺状血管腫)
多くの場合は生まれつきもしくは生後すぐくらいからあります。表面が平らなものを単純性血管腫、苺のように盛り上がっているものを苺状血管腫と言います。

保険適応外

  • ニキビ
  • 赤いニキビ跡
  • 赤色瘢痕
  • 赤みを伴う妊娠線・肉割れ
  • 下肢の静脈瘤
  • 静脈湖
  • 小じわ(特に目尻)

施術の流れ

STEP1 洗顔
赤ら顔やお顔のアザなどの場合は、状態をしっかり診察できるようにお化粧をおとして頂きます。診察・カウンセリング後に施術を希望される場合は、残った顔料がレーザーに反応しないように入念にお化粧をおとしてください。日焼け止めもレーザー光に反応しますので、お化粧していないが日焼け止めのみ塗っているという場合も必ずしっかりと落としていただきます。
また、病変部がお体で診察時にすぐに見せにくい部位の場合は診察着にお着替えをしていただきます。
STEP2 診察・カウンセリング
お悩みの症状を診察し診断をしていきます。Vビームは赤ら顔や赤あざを始め、多くの赤みを伴う皮膚病変に対して広く適応があります。
診察後にスタッフより治療費の説明があります。
STEP3 表面麻酔
治療される疾患が赤あざの場合、照射出力が強いため麻酔クリーム(エムラ)による表面麻酔を事前に行います。麻酔クリームを塗布した状態で約30分お待ちいただきます。
STEP4 Vビーム照射
アイシールドを装着の上、Vビームレーザーを照射します。パチンパチンと輪ゴムで弾かれたような感覚があります。
STEP5 アフターケア
しばらくお肌のクールダウンをした後、お化粧をしてお帰りいただけます。
レーザー治療後しばらくはお肌が紫外線に対して敏感になっていますので、日常では日焼け止めをしっかりしてください。日焼けは厳禁です。
赤あざの治療では照射部位に軟膏を塗布します。
Vビームの治療は対象疾患にもよりますが、1回の治療で終了することは稀です。1~3ヶ月おきに複数回の治療をおすすめ致します。

副作用

皮膚の赤み
Vビーム照射後はレーザー光による刺激で皮膚が赤くなります。通常は数時間~翌日で引きますが、稀に数日かかることもあります。
腫脹
レーザーにより皮膚に腫れが生じることがあります。生じた場合は通常1~数日程度で引いていきます。
Vビームの腫れは特徴的で、柑橘類の皮の表面のように少しもこもこした感じになります。
紫斑(内出血)
高出力でVビームを照射すると毛細血管が破壊され、血管内の赤血球が周囲組織に漏れ出て皮下出血がおこります。この内出血斑は円状に灰紫色となって出現します。通常の内出血と同様に1~2週間程度で自然に吸収されます。
赤あざの治療では紫斑は必ず出ますが、赤ら顔の治療では紫斑が出ない程度の出力で行います。
炎症後色素沈着
レーザー照射により生じた熱が皮膚を刺激すると、しばらくの間皮膚のメラニンが増加し茶色みを帯びた状態となることがあります。通常Vビームでの色素沈着は稀です。生じた場合は数か月の経過で消褪していきます。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過度に日焼けをしている方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方

よくあるご質問

Q: Vビームはどのような皮膚の症状に対して有効ですか?
A: Vビームは皮膚の赤みを伴う症状に対して幅広く有効性が認められています。赤あざ(単純性血管腫、苺状血管腫、クモ状血管腫など)、赤ら顔(毛細血管拡張症、酒さ)、ニキビ、ニキビ跡などに有効です。 また、肌の若返りにも有効で、小じわや毛穴の開き、紫外線によるしみくすみなどにも有効です。
Q: Vビームの施術は痛いですか?
A: VビームにはDCDという皮膚冷却装置がついており、レーザー光が照射される直前に冷却ガスが皮膚表面に噴射されます。これによりレーザー照射に伴う痛みはかなりの部分抑えられます。 赤あざ治療の場合はレーザーの照射出力が強いため事前に麻酔クリームによる表面麻酔を行いますので、強く痛みを感じることはありません。
Q: 何回くらい治療が必要ですか?
A: 治療回数は赤ら顔で5回、赤あざ治療で5回以上が目安です。治療は1ヶ月程度あければ次の施術ができますので、ある程度効果が出るまで繰り返し行うことをおすすめいたします。但し健康保険を使う場合は3ヶ月に1回となりますのでご了承ください。
Q: Vビームの安全性は高いですか?副作用はありませんか?
A: Vビームは極めて安全性の高い治療です。Vビームに搭載されているDCD(皮膚冷却装置)により、レーザー照射に伴うリスクや副作用の発生はかなり低く抑えられています。レーザー照射後に皮膚の赤みや腫脹が生じることが稀にありますが、発生しても通常数日以内に引いていきますのでご安心ください。
Q: Vビーム照射後に気を付けることはありますか?
A: Vビームに限ったことではありませんが、レーザー照射後の肌は紫外線に対して敏感になっていますので、しばらくの間日焼け止めを必ず使用してください。

トピックス

オンライン予約 アクセス

ご自宅から当院までの交通アクセスを簡単検索!

※ご自宅などの出発地の住所を入力して「経路検索」をクリックしてください。

サイトナビ

ページトップ

閉じる